Advertisement

2007年06月22日

"Frontlines: Fuel of War"のインタビュー記事

OFF-TOPIC
Frontlines: Fuel of War

ひそかに少しだけ期待しているマルチプレイ向けFPS、
"Frontlines: Fuel of War"のインタビュー記事を脳内翻訳してみました。



- Q.現在の開発状況は?
選出されたベータテスターグループを用意するために準備中です。
そして今年末頃オープンベータにて調整する計画があるでしょう。
したがって現時点でこのゲームは本当にしっかりつくりこまれつつあり、
スタッフ一同とても盛り上がり興奮しています。

- Q.リリース日の遅れに関して(2007年秋→2008年1月)
よりよい製品に仕上げるために開発期間の延長を決めました。

- Q..MAPに関する詳しい情報を教えてください
"Frontlines"での登場MAPの多様性は本当に大きいです。
実際には8〜32人用のMAPが用意されており、より少ないプレーヤー
にとってもおもしろくなるように大きいMAPを切り取って、それを縮小さ
せるようなシステムもとっています。これは大人数での大規模な戦車
戦や、少人数のための歩兵戦MAPが楽しめるように、膨大な数の各
種オプションが用意されています。
MAP背景(タイプ)についてはの森林地帯、広大な油田設備地帯、
その油田精製所の小さな村、トルクメニスタンの険しい山の頂上、
濃い都市、および夜間地図からさえ変化します。

Oilfield - 戦車戦MAP。
Invasion - "Western Coalition"軍がヘリコプターから都市部への侵攻を開始。
Mountain Top - 山頂にある"Red Star Alliance"軍の基地施設での激しい戦い。
Borderline - 山中にある国境ラインでの大規模戦闘。
Solarfarm - 広大な荒地。
Village - 小さな町での市街戦MAP。

以上がありますが、後日、MAPに関する詳しい情報を発表する予定です。

- Q.最大プレイヤー人数は?
最終的な参加プレイヤー人数の仕様はまだ発表していませんが、私たちでは
問題なしに50人以上のマルチプレイが可能というテスト結果をもっています。

- Q.このゲームを開発するときにあるとくに挑戦的であるものをあげてください
最も大きい挑戦はコンテンツの量です。 ゲームには驚くべき詳細なコンテンツ
が多く用意されています。完全なシングルプレイモードや、正気じゃないほどの
マルチプレイヤーモードまで、私たちは本当にこのゲームの内容の深さとクオリティ
に興奮しています。

- Q.マイクロソフトが提唱しているPCのための"Live Anywhere"とXbox360との
 相互対戦関係について
サポートはしていません。"Live Anywhere"については今後の動向を静観中です。

- Q.品質管理(ゲームバランス、バグ取り)について
- プレイテストを十分に重ねるのはもちろんのことはもちろんのこと、我が社にはRelicの
RTSグループに偉大な管理チームを含めた姉妹会社を持っています。 彼らによるテス
トプレイによるゲームバランスやバグなどの問題を見つけ、品質を保つのを助けるでしょう。
持っているチェック項目が特に多いため、私たちは非常に真剣にそれを受け止めています。

- Q.シングルプレイに関して
シングルプレイモードには、約10時間以上のプレイ時間を要することでしょう。またゲーム
内容は、一本道ルートなどにならないように設計されています。これはプレイヤーがその都
度非常に異なったパターンでクリアしていけることができるのを意味します。 したがって本当
に遊びつくすとなるとトータルで30時間以上のプレイを要するかもしれませんね。

- Q.推奨PCスペックなどに関して
まだ完全な推奨環境のテストは完了していません。
しかしながら現在は"NVIDIA 7800,8800"のカードで動かしています。最終的なリリースが
近づけば、私たちその他下位VGAカードとシステムをテストするつもりで、広範囲のVGAを
サポートできるようゲーム内オプションに幅広い設定を盛り込む予定です。
また、ゲームエンジン上"DrirectX10"のサポートはしていません。DX9タイトルとしてリリース
するでしょうが、将来的に対応するとなると描画力がより向上し、非常に感動するようにな
ると思います。

- Q.PC版、コンシューマー機版の違いについて
一番の違いはコンシューマ版にはコントローラーの関係から射撃補正(オートエイム)機能付
きであるということ。PC版にはもちろんありません。PC版にはその他外部入力機器(ゲームパッド,
ジョイスティックなど)のオプションが用意されています。


- Q.チートプレイヤー対策について
アンリアルエンジンではアンチチートに対してすばらしいシステムを持っています。
私たちは密接にそれら不正をモニターしてどんな潜在的なチート問題も追跡するつもりです。

- Q.その他企業との協賛などがありえますか?例えば"BF2"はNvidiaと提携し、
 "Half-Life2"ではATI/AMDとのパートナーシップを持っていました。
はい、ありえます。より多くのパートナーさんに出会うかもしれませんね。

- Q.ゲームのサウンドトラックをリリースする計画は?
あります。

- Q.ゲーム内で登場する.「無人偵察機」がゲームプレイに影響している部分などはありますか?
それが楽しみの部分であり、それはFPSゲームで通常見られなかった新しい能力を提供します。
私たちはそれらが多くの新しい楽しみをジャンルとして追加していくだろうと思います。

- ゲーム内における天候の変化や昼夜などの照明効果はどうでしょうか?
いくつかの非常にクールなダイナミックな天候効果はありますが、雨の効果については用意していません。
MODコミュニティ(MOD製作チーム)にはどんな気象効果も引き起こす完全なアクセス権があります。
またゲームエンジン上ではダイナミックライトをサポートしています。(MAP,兵器など)

-Q.体力システムについて
このゲームでのHP制度は自動で回復するシステムとなっています。しばらく撃たれなかった場合、プレイ
ヤーのHPは徐々に回復していきます。しかしながら戦闘中ではそれを意識するほどでもなく敵は急速
に倒れていくでしょう。

プレイヤーのカスタマイズ機能(タトュー,バンダナ,被り物など)について
敵味方をより特定できるほうがよいだろうということと、仕様変更の関係からカットされました。しかしなが
ら、私たちはまた違った形のカスタマイズオプションについて調べています。

- Qデュアルコア,クアッドコアCPUには対応していますか?
はい。サポートする予定です。

- Q 他プレイヤーとの協力プレイモード(COOP)はありますか?
いいえ、ありません。

- Q.サーバー管理者にはどんな種類のマルチプレイ時におけるオプションが用意されていますか?
リストが長くおおいので、ここにその一部を掲載します。
・アップグレードできる時間設定
・1MAPあたりに利用可能な武器
・1MAP地図あたり利用可能な兵器
・テックレベルのランク設定。
・オートエイム機能のオン・オフ(コンシューマ機のみ)
・TPS視点の許可
・ラウンド数/時間設定/FFオン・オフ/チームオートバランス
・アドミンコントロール
・ランクキングマッチ機能
などがあります。


リンク
Frontlines Warfare:Interview with Frank DeLise
http://www.frontlineswar.com/index.php?page=interviewfdelise

まとめサイト(仮):"Frontlines: Fuel of War"のプレイムービーを公開
http://2chbf2news.seesaa.net/article/35375137.html



  ■Advertisement
posted by 名無し(管理人) at 22:58 | Comment(0) | オフ トピックス
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。